ジュニアテニスを考える

ジュニアテニスプレイヤーを応援する 素人目線で思ったことをつづります

身長について考える ♯61

    今回はジュニアテニス選手の身長について考えます。昨今のトッププロを見渡しますと高身長選手がズラリと並んでいるのはご存知の通りでしょう。この傾向は昔よりもさらに進んでいるようです。現代化→高身長化と言えるかもしれません。しかし身長が無ければテニスは勝てないスポーツなのでしょうか?私はそうとは言い切れないところもあるのではと思います。

 

 

   やはり錦織圭選手が本当に良い見本です。190センチを超える選手に勝ちまくっています。錦織圭選手は178センチということなので決して日本人としては小柄な方ではなくむしろ大きい方です。それでもテレビで見てると相手選手と比べてしまうため、とても小さく見えます。ラリーに持ち込めば高確率でポイントを獲得します。ただ、、、ラリーに持ち込むまでが大変です。特に相手のサービスゲーム💦

 

   あの天才的なテニスセンス、抜群の身体能力、図抜けた集中力を持った錦織選手でも高身長のビッグサーバーにはやっとの事で勝てるレベルです。身長が高いことによるアドバンテージは素人目に見ても明らかです。

 

   よって身長が無ければ勝てないスポーツとは言い切れないが、身長があったほうが圧倒的に有利になれるスポーツだと考えます。特にサーブというシステムがある以上このアドバンテージは変わることはないでしょう。

 

   もし試合がラリーから始まるなら、、、、、錦織圭選手が世界のトップになっていると思います。いやまだ他にサーブで苦しんでいる人もいるかもしれません。

 

   動きの良し悪しはあれど、高身長の方が有利であるという事実からは逃げられません。よってジュニアテニス選手はできる限りで身長を伸ばす努力はしないといけません。生まれ持ったものということもありますが、できる限りで伸ばしておきたいところです。

 

   さらにデータがあるのですが、テニス界はトップ選手の身長がさらに巨大化傾向にあります。トップ10選手の平均身長はまだ伸び続けています。今の理想のテニス選手の身長が185前後と言われていますがそのうち195くらいが理想と言われるようになるかもしれません💦動きますもんね、大きい選手も。。。