ジュニアテニスを考える

ジュニアテニスプレイヤーを応援する 素人目線で思ったことをつづります

♯103 ボールの軌道

 今日はボールの軌道について感じたことを書きたいと思います。皆様のお子様ジュニア選手はボールの軌道を気にしてプレーしていますか? 私はあまりしていませんでした。。。 

 

 

 私の中ではやはり日本の「砂入り人工芝コート」が影響しているとも考えました。ご存じの通りあまりボールが弾みません。よって日本ではナダル選手のような強力なトップスピンを打つよりも、フラット気味で押していったほうが有効となるサーフェスが多い環境だといえます。しかし海外のジュニア選手たちは基本ハードコートや、クレーコートで試合や練習を行いその中で有効となるショットを見つけて鍛えていきます。そこでメインとなる打ち方がトップスピンということになるのだと思います。 

 

www.kanngaeruhito.com

 

 また単純素人思考に戻りますが、上記の記事のようにテニスはミスが少ない選手のほうが勝ちやすい特性を持ったスポーツです。 トップスピンと、フラットではどちらがミスが出にくいショットでしょうか? トップスピンです。ネットよりかなり高い位置の弾道でもスピンがかかっていれば弾道が急激に下向きになりコート内に収まります。フラットですと、ネットからあまり上方へ離れた弾道ではすべてアウトになってしまいます。よってネットに近い場所を通さなければならずネットにかかってのミスが必然的に増えます。よほどのコントロールがあればよいのですが。。

 よってトップスピンを打つことがフラット系のボールを打つことよりも負担に感じることがない選手はより勝ちやすいと言うことになります。

 

 

 

 圧倒的な強さで全仏13回目の優勝をしたナダル選手。。。ネットこえたら全部入るような感覚でやってるんじゃないかな💦 あの強烈なトップスピン!グググっと軌道が下がってアウトかと思ったら入る。そしてそのスピンによってバウンド後にさらに加速するようなイメージすら持ってしまう跳ね出し! そしてその軌道を生かしたショートクロス!横にも跳ねる!

 

 

 

 今からでもスピンの習得は必須。我が子にも取り組ませます! 素人考えでもやはりネットにかかってはダメ、オーバーしてアウトしてもダメと言うルールの中でトップスピンの軌道はどう考えても有利ですもんね。 その中で決めに行く時は決めに行くと言う最強テニス🎾目指したいですね〜。