ジュニアテニスを考える

ジュニアテニスプレイヤーを応援する 素人目線で思ったことをつづります

♯93 強いジュニアはこう

 久しぶりにまた強いジュニアのプレーを見て感じたことがありましたので、アップしたいと思います。 以前紹介した記事と被るところがあります。言葉ではなかなかうまく伝えられないかもしれませんが、がんばります。

 

 

 強いジュニアのボールを打つ前の 「狙いすまし感」 が違います。

 

 

 テイクバックに入ってからラケットを振るまでの雰囲気のことです。何というのでしょうか、ほかの選手が素振りをしているところにボールが当たっているようなイメージになるのに対して強い選手はどこか狙ってるなーっていうのが伝わってくる感じというのでしょうか。。。そして打つと期待通り、若しくは期待以上のボールを打ちます。集中力が研ぎ澄まされている感じがします。 そしてもう一つ、、、

 

 

 強いジュニアのテイクバックを見ていると 「どこのコースに来るのかがわからない」

 

 

 これは以前紹介しましたが、やはりそうです。相手選手はボールが出るまでわかりませんので相手選手は根本的な部分で疲労を重ねることとなるでしょう。

 

www.kanngaeruhito.com

 

 

簡単にわかりやすい特徴を書きますと、体が開くのが遅いということになるかと思います。特に両手打ちバックハンドなどは打つところまで体でラケットを隠しているような感じで、最後にラケットが出てくるイメージです。

だいたい予想できるすごい球よりも、緩いボールでもどこに来るのか全く分からないほうが精神的には追い込まれると思います。

 

 とても根本的なことだと思いますし、すでに取り組んでいる方も多いかもしれませんが、ジュニア選手に基本的なフォームを身に着けていく際にはこの、「狙いすましている感じ」「打つまでどこのコースに打つのかわからない」という特性を身につけるというのは非常に重要ではないでしょうか?最初にそのフォームを身に着けてしまえば一生その優れたフォームで戦うことができます。出来上がってからの修正は本当に大変です。ヒントは正面から見て、打つまでラケットが見えない感じ?かもしれません。