ジュニアテニスを考える

ジュニアテニスプレイヤーを応援する 素人目線で思ったことをつづります

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({ google_ad_client: "ca-pub-7993434708316896", enable_page_level_ads: true });

♯84 アタック25

 今日はテニスもあまりできない世の中でもありますので、急に某クイズ番組の話で思い出したことを書いてみたいと思います。テニスとはかけ離れます! すみません💦

 

 

 日曜日放送されているアタック25皆様ご存知でしょう!その前提で話します。勝手に。

 

 番組をご覧になられたことありますか?あれは編集に編集を重ねて作られたものであるということをご存知ですか?テンポよくクイズとパネル取りがスムーズに進んでいくイメージありませんか? 実際には10倍もの時間が収録にかかっているケースもある!というのが事実です。

 

 アタック25はご存知の通りオセロ形式で答えた方が好きなパネルを取っていって最後に1番多かったパネラーが優勝となります。たまーにあれ?!なんでそこ?!あっちの方がいいに決まってるじゃんか! と突っ込みたくなる時もありますが、それもアタック25のひとつの楽しみですね。

 

 

 このルールが問題だそうです💦 オセロをしっかりと勉強した方だとどうしても「ここは自分のパネルは取らないほうがいい」というケースが出てきてしまうそうです。そうなると当然パネラーの方は答えが分かっていても答えません。 そして、そのケースにパネラー4人共が当てはまってしまうと、、、、、何問も何問も誰も答えずに無駄に問題スルーが続くということが起こります。。。 勝つために!!

 答えるにしても答えたその次の問題に必ず答えなければ損をしてしまう、とか青の人にもしつぎ答えられてしまうと逆転されてしまう、、、など答えることにリスクが伴いリターンが釣り合わないことも多いようです。

 

 

 私がこの話を聞いたのは前の職場の先輩から聞いたのですが、その方は二回出られて二回とも優勝した人です🏆 しかも2回目はチャンピオン大会と言って、優勝したことがある人だけしか出られない大会でした。

 その2回目のチャンピオン大会にてこの4人共答えたくない、という現象が起こったそうです。

 

 

 収録時間は実に5時間を超えたそうです。誰も答えない時間がずっと続きますが、チャンピオン大会ともなれば答えないほうが得だ、と思い着くのはもちろん、絶対に勝ちたい、と思う気持ちもすごく強い方ばかりで、本当に終わらないんじゃ無いかと心配になるくらいの意地の張り合い状態が続いたそうです。。。

 最後は連続で答えればなんとかなりそう、という人が痺れを切らして答え、そのあと僕の先輩が逆転勝ちしたという結果になりました。

 

 

 ということで、あの長寿番組の裏側のお話でした。大変な思いをしてあの番組が作られていると言うことです。テニスでも仕掛けたほうが負けみたいな我慢比べの神経戦みたいになることもありますよね?シコリ合いの時とかね。

 

 最後は強引にテニスに絡めてみましたw大変失礼致しました!  よしっ!