ジュニアテニスを考える

ジュニアテニスプレイヤーを応援する 素人目線で思ったことをつづります

ジュニアテニス選手にとっての人間的成長について考える ♯33

    

   ジュニアテニス選手にとって人間的成長は不可欠だとテニスの先生方は口を揃えます。この「人間的成長」という少し抽象的な言葉をど素人目線でなるべく具体的な内容に置き換えてみたいと考えました。

 

 

   私が思うジュニアテニス選手の「人間的成長」の一つが、相手や周囲の考え方や価値観を尊重できるようになること、と考えます。たとえ自分とはかけ離れた考えや価値観に行き当たってもまず、そういう考え方もあるんだな、と完全否定せずに一旦受け入れてみることができるようになることです。

 

   これは大人でもなかなかできないことかもしれません。しかし人間的成長には欠かせない要素だと思います。 相手の考えを尊重できること⇆相手を尊重すること であります。テニスの精神にまさしく準じたことだと思います。

 

 また今後海外遠征などをおこなうジュニアテニス選手も数多く出てくることでしょう。その際には全く違う価値観をもってテニスに取り組んでいるような選手と触れ合うことも出てくることかと思います。そのようなときにも相手の大切にしていることを尊重して、グローバルな視点でものを見て相手と触れ合うということも必要不可欠でしょう。 個人競技と思われているテニスですが、一人では何かと成り立ちません。そういったこともよく理解して相手や周囲の考え方や価値観を尊重していかなければなりません。

 

 有名なフェデラー選手もプロになった当初は、トップになりたいと思っていたがなれなかったのは、トップ選手としてふさわしくない人間だったからといっています。いろいろ調べましたが、思い通りいかないとラケットを投げたり大声を出してイライラした様子を隠せない選手でした。その後急速に成績を上げてナンバー1に君臨できたのは、人間的成長が達成できたからだそうです。トップ選手としてふさわしいふるまいができるようになり、それぞれのことを大切にできるようになったそうです。   

 

 具体的にどうすればよいのか、どうすれば人間的成長が得られるのか答えはないかもしれませんが、そういった自覚をもってジュニアテニス選手には頑張ってもらいたいですね。