ジュニアテニスを考える

ジュニアテニスプレイヤーを応援する 素人目線で思ったことをつづります

テニスってお金がかかるっていうけど実際いくらかかるの??! (大会参加編) ♯7

  下衆な話かもしれません>< しかし大事なお金の話!

 

 わたしが以前とても知りたかったお話をさせていただきます。ご参考になれば本望でございます。子供にテニスを習わせてやりたいがお金がかかるというし、、、どうしようかなというペアレンツの皆様にお伝えします。

 

 

 まず、、、本気のジュニアたちは海外遠征などを積極的に行うことも少なくはありません。そういったケースは今回は省略させていただきます。またスクール月謝や消耗品などの諸経費、雑費の類は今回はスルーです。

 今回取り上げますのは必死に頑張って全国大会まで進出したケースを例として取り上げてみます。親御さん(1人)が帯同し、車で移動できるくらいの距離の地域で、早朝コートを借りて試合前の練習、4泊ビジネスホテルに泊まる想定をします。

 

 

全国大会編

 

 交通費  往復 親+子  10,000×2 (車で移動) 20,000円

 宿泊費  1泊 6,500円 親+子 13,000×4    52,000円

 大会参加費 8,100円

 現地での交通費 ホテルから試合会場、練習場から試合会場、駐車場代 15,000円

 食費   1食 800円 親+子 約20,000円

 練習場を借りる費用  5,000円×4  約20,000円

 

 このたとえで行きますと大体 130,000円 くらいでしょうか。

 

 

 

 ただ親御さんが帯同される場合は大会日程も重要で、平日がかぶってしまうとどうしても仕事を休まなければならなくなると思います。それが無理!だという方はクラブのコーチなどが帯同してくれるクラブチームを選ぶ必要が出てくるでしょう。もしくは出場する選手がいるチームに帯同させてもらうようなことも必要でしょう。

 またわが子の晴れ姿をどうしても見に行きたいと思うのも親心でしょう。お母さんが一緒に帯同するとさらに上積みする必要があります。またここにあげた例では車で行ける距離の大会を想定していますが、場所によっては飛行機での移動が必要となる場合もあるでしょう。交通費が上がります。 地元での開催ということになれば宿泊費も交通費もかからず、費用は非常に少なくなるでしょう。

 さらに全国大会まで駒を進めるためには 地域大会を上位の成績で乗り切る必要があります。そこでも場所によっては同じような費用が掛かることとなるでしょう。

 つらーっと書いていますが、練習場の確保というのもなかなか簡単ではありません。何も知らない地域に赴き希望する練習環境を獲得するのも簡単ではありませんし、練習するのであれば練習相手も必要です。お父さんが相手をできればいいですね。テニスではほとんど試合会場で思い切り練習できる環境は十分ではありません。

 

 がちでジュニアテニス選手を育てようと思うならば、またお仕事を休むことが困難なペアレンツであれば、遠征環境の整った帯同してくれるコーチのいるテニスクラブを選ぶ必要があるかもしれません。

 

 私も以前とても必要としていた情報がお金のことです>< ほかにもお金にまつわるジュニアテニスのお話をお伝えできればと思います。

 

 

 本気になればなるほどかかるお金も本気になります!w